奇襲をかけるためのルートも存在!?アンチョビットゲームズのガチホコルート考察

ガチホコ
スポンサーリンク

おはようございます!

正月は昼夜逆転生活をしていましたが、ようやく朝から起きる生活が始まります!!

やっぱり早寝早起きしなくてはだめですね。

まだ眠いですが、今日も頑張っていきましょう!!

今日が終われば三連休です♪

 

さて、本日の記事はガチホコのホコルートの考察についてです!

今回考察するステージは「アンチョビットゲームズ」です。

正面からのルートしかないと勘違いされがちなステージとなっていますが、実は正面以外の右からの奇襲ルートが存在します。

この奇襲ルートも知っておかないとアンチョビットゲームズでのガチホコは常勝できません。

しっかりと予習していきましょう。

 

エンスカイ スプラトゥーン2 2019年カレンダー

 

スポンサーリンク

アンチョビットゲームズのホコルートについて

アンチョビットゲームズはどのようなホコルートがあるのでしょうか?

まずはマップを見て考えてみましょう。

 

 

正面以外のルートはわかったでしょうか?

アンチョビットゲームズでは以下のようなルートが存在します。

 

 

大きく分けて正面からのルートと右側からのルートの2つですね。

正面からのルートは緑色と赤色の2つの分岐ルートがあります。

右からのルートは水色のルートの1つとなっています。

「右からのルートは空中を通っているように見えるんだけど・・・!間違ってない?」っとお考えのイカちゃん、この右からのルートは特殊なルートとなっており間違ってはいないのです。

後ほどこの右からのルートは動画で解説します。

基本的には正面からのルートを使うことになるため、右からのルートを知らなかったというイカちゃんも多いと思います。

この右からのルートが冒頭で述べた奇襲ルートとなります。

しっかりと全ルートを把握して、臨機応変にルート選択ができるようになりましょう!

 

それではまずは正面のルートから解説をしていきます。

緑色のルートから赤色のルートに合流してホコのゴールを目指す動画が以下となります。

カウントの進み具合に注目をして見てみてください。

 

緑色のルートから赤色のルートに合流してホコゴールへ向かう

 

緑色のルートでは、正面の高台に登ってからでないとカウントがなかなか進まないことがわかります。

少しカウントが稼ぎにくいルートとなっています。

続いて赤色のルートでホコゴールへ向かう動画を見てみましょう。

 

赤色のルートでホコゴールへ向かう

 

こちらでは正面の高台に登る過程でもカウントが進みますし、高台に登った時点で『65』前後のカウントまで進めることができます。

緑色のルートよりも簡単にカウントが稼げるため、個人的にはこちらのルートのほうがおすすめです。

正面高台に登った後にすぐに前か右に行くことで(高台から落ちることで)、カウントも『50』前後まで進められます。

 

それではなぜ緑色のルートがあるのでしょうか?

実は緑色のルートに関しては、正面の高台に登った後にホコショットで敵を殲滅しやすいという利点があります。

味方と協力をして敵を倒してからじっくり進めるという意味では、緑色のルートの方が適している場合があるのです。

ただ、緑色のルートでは正面高台に登ったところが敵からも狙いやすい位置となっているため、正面高台で時間をかけるのは個人的にはおすすめしません。

以下の動画を見てください。

敵は有利ポジションからしっかりと迎撃してきます。

 

正面高台に登ったところで迎撃される

 

しかし、逆にこの動画で敵がいる場所をしっかりとホコショットや曲射などで牽制できれば強力なルートであることは間違いありません。(敵を倒しやすいという意味合いで)

カウントを大幅に進めなくてはいけないときや、慎重にホコを進めないといけないときは、こちらのルートを選択するのもありかもしれません。

 

続いて空中を通っているように見えた右ルート(水色のルート)の解説をしていきます。

まずは動画を見てもらいましょう。

 

水色のルートでホコゴールへ向かう

 

そうなのです。

空中を通っているように見えた場所はプロペラを回してコンベア?を引き寄せてそれに乗っていたのです。

上手く通すことができればカウントを大幅に進めることができる強力な奇襲ルートになります。

カウントを『30』より先に簡単に進めることができるルートです。

しかし、その分2つの大きなデメリットがあります。

『敵に防がれやすいということ』と『カウンターに合いやすい』ということです。

以下の動画を見てください。

 

水色のルート失敗からの敵のカウンター

 

失敗してしまうとすぐに敵のカウンターを喰らってしまう位置なのです。

あまり頻繁には使わないルートですが、緩急をつけて使うことで、うまく通すことができるルートです。

一発逆転をする際にも使ったりはするので、是非皆さんもケース・バイ・ケースでこちらのルートも使ってみてください!

敵はだいたい正面からホコを運んで来ると思っているので、裏をかければきっと通すことができます!

 

 

アンチョビットゲームズのホコルート考察は以上となります。

スプラトゥーン2で復刻したステージになりますが、個人的には好きなステージです!

しっかりとルートを把握して、ガチホコバトルを制していきましょう!

 

テンタライブでの演奏曲等盛りだくさん! ライブDVDも付属♪(amazon) SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

コメント

  1. さくらもち より:

    ぱわぽさん、おひさしぶりです。さくらもちです。今日やったガチホコのこのステージで、へいこにきを思い出させるような見方が入ってしまってボロ負けでした!その味方はおちばシューターを使っていて、中盤、ホコを持っている敵と互角の戦いをしてる時、その人は左に回ってなぜか中央の自陣塗りを…その人は3キルで4回スペシャル、自分は10キルで4回スペシャル。15回キルして4回スペシャルを使っている56ガロンを使っている人がいたのにボロ負けでした…もう、へいこにきでしたね。もう、どうしようもなく、対処ができず、大変でした…夏休み、ツライですね!

    • ぱわぽ ぱわぽ より:

      さくらもちさん、お久しぶりです。
      戦況に関係のないところで塗りをしている味方がいるときつくなってしまいますね・・・!
      もう少しで夏休みも終わりますし、頑張っていきましょう!!
      お互い味方をキャリーして勝ち上がっていきましょう:)