初心者必見!ガチエリアの勝率を上げる3つの上達テクニック 3/3

ガチエリア
スポンサーリンク

こちらの記事の続きになります。

 

初心者必見!ガチエリアの勝率を上げる3つの上達テクニック 2/3
ガチエリアの勝率を上げるために、上級者が必ずやっていることが3つあります。 初心者のイカちゃんはこの勝率を上げるための方法を覚えることで、中級者〜上級者(S+以上の腕前)を目指していくことができます。 今回はそんなガチエリアの必須テクニック(知識)について解説をしていきます。

 

ガチエリアの勝率を上げる3つのテクニックは以下の3つがありました。

 

  1. 敵をオールダウンし、ガチエリアを確保した際に前線を上げること
  2. 敵にガチエリアを確保され、前線を押し込まれている際にしっかりとクリアリング・スペシャル貯めをしてから打開をすること
  3. ガチエリアのペナルティをしっかりと敵につけ、自チームにはつけられないようにすること

 

今回は3番の解説になります。

 

エンスカイ スプラトゥーン2 2019年カレンダー

 

スポンサーリンク

3.ガチエリアのペナルティをしっかりと敵につけ、自チームにはつけられないようにすること

 

ガチエリアをやっている際に、「敵を抑えているのになかなかエリアが塗れない・・・!仲間は何をやっているんだー!!!><」となることはしばしばあります

そんなときにガチエリアは味方が弱ければ勝てない・・・っと思ってしまうこともあるでしょう。

しかし、それは違います。味方のせいにしてはいつまでも勝てません。

(参考:試合に勝てない理由-なぜ勝てないのか)

試合に勝てない理由 なぜ勝てないのか?
スプラトゥーンをやっていて誰もが一度はぶつかる壁「なんで勝てないの!!!?勝ち越せないの」についてまとめています。

 

もちろん強い味方がくることに越したことはありませんが、弱い味方がきてもキャリーして勝ちやすいのがガチエリアの特徴です。

そんなガチエアリアをキャリーするために必要なテクニックの一つとして「ガチエリアのペナルティをしっかりと敵につけ、自チームにはつけられないようにする」というものがあります。

 

腕前が上がってくるとだんだんと敵を倒そうと積極的に動くようになってきます。

しかし、そんなときに陥りやすいことが「エリアに関わらない、エリアを塗らない病」です。

これは腕前Xになってもやってしまいがちなことなのですが、味方にエリア管理を全て任せて自分は敵を倒す役に徹してしまう病気です

敵を倒すことで有利になるのはわかりますが、ガチエリアを塗らなくてはだめなタイミングというのはあります。そんなときに塗らなければ、勝てる試合も勝てなくなってしまいます。

エリアを塗り返せるタイミングをしっかりと意識して、敵を倒すことばかりだけでなくエリアも塗るようにしましょう。

 

そんなエリアを塗り返すタイミングですが、2番の解説(初心者必見!ガチエリアの勝率を上げる3つの上達テクニック 2/3)でも触れていたのですが、絶対にペナルティをつけたほうが良いタイミングというものがあります。

皆さんも感覚でわかっていることだと思いますが、以下のようなタイミングです。

 

  • カウントが0になって試合が終わってしまいそうなとき
  • ここでリードを奪われる、もしくは奪わないと敗色が濃厚なとき

 

カウントが0になって試合が終わってしまいそうなとき」は誰でもわかるかと思います。

「ここでリードを奪われる、もしくは奪わないと敗色が濃厚なとき」というのはいつでしょうか?

人により感覚は少しずつ違いますが、代表例としては以下のようなときです。

 

  • 大量のペナルティがつけられており、試合時間も残り少ないとき(リードが奪われるケース)
  • 敵にエリアを塗り返されると自チームに大量のペナルティがつくとき(リードを奪わないといけないケース)

 

ガチエリアは直前まで進められたカウントの2分の1がペナルティとしてつけられてしまいます。

そんなペナルティを大きくつけられ、敵にリードを奪われると敗色は濃厚になってしまいます。(試合時間があれば逆転することもできますが)

また、リードが奪えてないにも関わらず大量のペナルティをつけられた場合も同様です。

そういったケースにはしっかりとリードを奪った状態にできるようにエリアを塗ってください。

どんなときでも敵を倒そうと動く人がいますが、時には塗ってから倒しに動くという必要性があります。

エリアを塗ることで確保できそうなときは確実に塗る!!ぐらいの感覚を持っていたほうが良いです。

常にエリアが塗れそうかどうかを考えて動くようにしましょう。

そうすることで「ガチエリアのペナルティをしっかりと敵につけ、自チームにはつけられないようにする」ことができ、勝率を高めることができます。

 

 

 

・・・

 

ここまで皆さんに塗り意識をしっかり持ってほしいので、倒すより塗れ!!っと言ってきましたが、実は例外的な立ち回りもあります。

敵を倒しに動くことで、味方の塗りをサポートする立ち回り(複数の敵を抑え込んで、敵にインクを塗らせない立ち回り)です。

エリアを塗るべきか、敵を抑え込んで塗りを邪魔しにいくかの判断も腕前が上がるにつれて必要になります。

まずはエリアをしっかりと塗るという行動を取れるようにし、それからこちらのどう動けばエリア確保がしやすいかという判断を取れるようにしてください。

この判断力を上げることで、敵を倒す行動・エリアを塗る行動の両方ができるようになり、味方をキャリーできます!

私がうまくキャリーできたと思う動画も貼っておきます!参考にしてください。

 

 

敵を倒すにしても、エリアを塗るにしても、根底にはエリアを確保した状態をキープするという思いがあります。

何度も言いますが、敵を倒すことばかりに気をとられてエリア管理を疎かにしないようにしてください。

エリア管理ができることがガチエリアの勝ちへの近道となります。

 

テンタライブでの演奏曲等盛りだくさん! ライブDVDも付属♪(amazon) SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)
ガチエリアガチマッチ初心者向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぱわぽをフォローする
スポンサーリンク
ぱわぽBlog スプラトゥーン2 ウデマエXになるための上達法・攻略まとめ

コメント