これでホコ運びは完璧!?モンガラキャンプ場のガチホコルート考察

ガチホコ
スポンサーリンク

こんにちは!

本日スプラトゥーンのアップデートが入りましたね。タンサンボムやトーピードの弱体化が入ったことが個人的には嬉しい内容でした。

その他色々調整が入っているみたいなので、ガチマッチに潜りながら調査していきたいと思います!

 

さて本日はガチホコのルート考察をしたいと思います!

記念すべき1つ目のルート考察のステージは・・・苦手な人も多い「モンガラキャンプ場」です!!

かくいう私もここはあまり好きではありません。特にガチエリアではプレイしたくないステージNo.1となっています。(任天堂様どうか改修してください。。。。)

そんなモンガラキャンプ場ですが、ガチホコでは大きく2つのルートがあります。今回はこの2つのルートについて解説をしていきます。

 

エンスカイ スプラトゥーン2 2019年カレンダー

 

スポンサーリンク

モンガラキャンプ場のホコルートについて

早速ですが、モンガラキャンプ場の2つのホコルートを確認してみましょう。

マップの画像は以下です。2つのホコルートがわかるでしょうか?

 

 

このステージは簡単ですね。

そう、正面から行くルートと左から行くルートの2つです。正面からのルートは細かく分けると更に3つの分岐があります。以下の画像を見てください。

 

 

正面の分岐ルートは赤と緑と黄色で書かれています。正面から行く場合は基本的に赤と緑のルートを使うことになります。黄色のルートはほぼ成功しないルートなので使わないように気をつけましょう!

動画で見てみましょう。

 

正面からの赤い矢印ルート

 

正面からの緑の矢印ルート

 

また、左から行くルートは青色の一本となります。一応網のところを通れば正面ルートにも戻れますが、メリットのないルートなのでまず使うことはないでしょう。(敵を陽動して掻き回すことにはもしかしたら使えるかもしれませんが。。)

こちらも動画で見てみましょう。

 

左からの青い矢印ルート

 

この正面のルートと左から行くルートですが、どちらのルートを使う方が良いでしょうか?

 

・・・

 

基本的に左のルートを使うほうが良いです!!

なぜかというと、左のルートの方が攻め側が有利となっていることと、もし防衛されたとしてもカウンターを喰らいにくい場所となっているからです。詳しく解説します。

正面のルートは敵のリスポーンから近いため、敵に防衛されてしまう可能性が高く、更に防衛後にすぐに攻めに転じられる(カウンターを喰らってしまう)ような場所となってしまっています。

左のルートは敵のリスポーンから離れており、敵の攻撃は基本的にホコゴールの広場の入り口部分からしか来ません。更に自陣のホコゴールからもかなり離れているため、カウンターも早々には喰らいません。圧倒的に有利なルートなのです。

ただ一つ気をつけたいことですが、その左のルートを更に有利にするために必要なことがあります。

それは以下のインクレールを塗っておくということです。

 

 

このインクレールを塗っておくことで、敵の防衛ルートを限定することができるのです。

右側の網部分から来るか正面のホコゴールの広場の入口部分から来るかの二択になります。特に右側の網部分から来るルートは網に登るまで時間がかかってしまうことと、来ていることがモロバレになるので防衛側からしてはあまり強くありません。基本的に敵は正面のホコゴールの広場に固まることになるのです。

ホコゴールの広場に固まったところで、攻める側はホコショットが敵の防衛ポイント(ホコゴールの広場)に容易に届きますし、スペシャルを使うと更に押し込みやすくなっています。

以上のことから基本的にモンガラキャンプ場のホコルートは左のルートから行くことがセオリーとなっています。

 

しかし、一点だけ注意ですが、左のルートだけを使っていれば良いというわけではありません。敵の配置によっては正面から行くほうがカウントを奪えることもありますし、敵の裏をかくことはガチホコにとってとても重要になります。とにかく1でもリードを奪ったほうが勝ちになるゲームなので、大きく進められるルートを考えて選ぶようにしてください。

ただ、よくわからないときはモンガラキャンプ場では左のルートを選ぶようにしてください。攻めの難易度、カウンターの危険性等を考慮して左のルートが優秀になります。

 

以上です。

 

テンタライブでの演奏曲等盛りだくさん! ライブDVDも付属♪(amazon) SPLATOON2 ORIGINAL SOUNDTRACK -Octotune-(初回生産限定盤)

コメント